なんだそりゃ~地デジチューナーユニット(SK-MTVHDUC)しばらくってどれだけなん?いつまで待てばいいの?

2010年05月24日

Windows Live Mailがめちゃ重い件

職場では社外の人とメールでやり取りする事は滅多に無いのですが、システム系を預かっている関係で、メーカーのサポートとやりとりすることが時々あるので一応メールアドレスもらってます。っていうかメールアカウントを管理してるの自分なのですが。

私にとってメールは、サーバーからの状態通知を受ける手段として使う事の方がウェイトが重くかつメール受信数も桁違いに多いのです。ほとんどのシステム通知は気にする内容では無いのですが、時々アラート系のシステムメールが届くので、LAN内部にあるサーバーからのメールは結構重要だったりします。特にプログラマーが開発で使用しているサーバーは、大量のアラートを吐くので(ほとんどは無視して良い内容)一日に多い時は千通を超えることがあります。もちろん全部チェックできるはずがありませんが・・

現在管理しているLinuxサーバーは、物理的に6台(仮想サーバを入れると10台+α)で遠慮無くおくりつけて来るので、数日ため込むと大量になってしまいます。読み出さないとそれだけでサーバーにたまるので時々掃除の意味も有ってメールを削除します。

とにかくWindows Live Mailは重い・・本当に重いです。Windows全体のパフォーマンスを下げるので、何もできなくなってしまいます。何の為のマルチタスクOSかつデュアルコアCPUなんだ?って思います。

サーバーからのメールのほとんどが何度やっても「迷惑メール」に分類されるし・・



さすがに我慢が切れたのでサーバーからのシステムメールはすべてBecky!でIMAP4で受ける事にしてみました。うーん、Becky!すばらしいです。軽いっていうかOSのパフォーマンスを下げることがほとんど有りません。なんて躾の行き届いたメーラーなんでしょう。逆に言えばMS純正のWindows Live Mailは、純正のくせになんて躾の悪いアプリなんでしょうね。

Becky!を使い続けるかどうかはわかりませんが、とにかくサーバーからのシステムメールは、少なくともWindows Live Mailでは受信しない事に決めました。パソコンが固まった様になって仕事になりませんからね。あ、Windows XPでも同様でしたし、Windows7でも同様です。非常に出来の悪いメーラーだと言わざるを得ません。唯一のメリットと言えば、Hotmailに対応しているメーラーだという事だけでしょうね。

これでWindows Live Mailは滅多に使用しないメーラーとしては(w)普通には使用することが出来るようになりました。どうやら大量のメールを処理する用途には向かないみたいですね。いくらOSのバージョンが上がってもアプリがこれじゃダメダメだなって思います。OSは出しゃばらず所詮脇役に徹するべきだと思います。そんな暇があるならアプリの完成度を上げて欲しいものです。もちろん信頼性の高いOSの上で動くというのが大前提ですが。



sasapurin at 11:28│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Windows | パソコン

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
なんだそりゃ~地デジチューナーユニット(SK-MTVHDUC)しばらくってどれだけなん?いつまで待てばいいの?