レビュー

2014年09月06日

蚊取りリキッドって効くんよね

デング熱の件で蚊対策が色々と言われている昨今ですが、それよりも前(梅雨前頃)から我が家は蚊に悩まされていて、キンチョーリキッドを引っ張り出してきて使っています。しかし一台だけでは足りない状態だなと判断してイオンでトップバリュの製品(ベープリキッドのOEM)を買い足しました。結構安かったのでオススメ。

キンチョーリキッドは少し香りがするタイプのリキッド(液)を使っていたのですが、ベープリキッドは液が透明で無香料のタイプです。リキッドのボトルに浸透する棒が立っていて吸い上げてくる仕組みの様です。これを器具のヒーターで温めて揮発させるという単純な構造です。AC100ボルト(コンセント)に接続して使いますが、最近は乾電池で動作するものもあるので、シーンに合わせて選べるのが嬉しいと思います。

さて、このリキッドですがどうやら互換性があるらしく形状が同じなのです。つまり安いリキッドを買ってきて器具に装着すれば使えてしまうという財布に嬉しい仕組みです。電化製品なんかは独自規格というか勝手にサイズや取り付け方法を変えたりするので互換性がないってことが多いですが、この蚊取りリキッドに関しては互換性ありなのが本当に嬉しいです。

続きを読む

sasapurin at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年01月25日

森下仁丹のビフィーナR

森下仁丹のビフィーナという、カプセル技術を使ったビフィズス菌のサプリメントを服用することを始めました。というのも、年齢のせいなのかわからないのですが、ここんところずっと便秘気味で、酷い時はお腹が張ってしまう状態とおならの臭いがくっさい状態が起きてしまい、さすがに健康状態が気になったからです。

最近は大腸がん等の事がテレビで取り上げられており、ポリープの1割ががんになるというデータもあるらしく、腸の状態を良くしておくことは、免疫力の低下を防ぐ意味でも重要だと考えています。一説によると腸が弱い(状態が良くない)人は花粉症などのアレルギー症状も起こしやすいとかで、胃腸が丈夫では無い私の花粉症歴からすると納得するものがあります。

そういう訳で腸の状態を良くするには、ビフィズス菌=ヨーグルトという発想だったのですが、テレビ番組で森下仁丹のカプセル技術が取り上げられているのを観て、これはいいな!って思った次第です。なぜかというとビフィズス菌は胃液(酸)に弱いという知識はあったので、腸に届くまではカプセルで保護されるという発想は素晴らしいなと思ったからです。

もちろん、ビフィーナ以外にもカプセルを使ったビフィズス菌のサプリメントはありますが、このカプセル技術は森下仁丹の特許なので本家のノウハウ(仁丹という漢方のメーカーだと認識)は伊達ではないだろうなと思ったのと、コスパが比較的高いからです。ビフィーナにはR(レギュラー)、S(スーパー)、EX(エクセレント)がありますが、私は長期的にコツコツ続けることが肝要と思っているので、安価なRを毎日続けるスタンスで行こうと思ってビフィーナRを購入しました。

続きを読む

sasapurin at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年07月02日

もう旧投稿画面へのリンクイラネーです

人間ってホント気が変わるもんだなって我ながら思います。ずっと旧投稿画面を使ってきたのに、不満を一つ解消したらまた別な不満が出てきます。

もう、旧投稿画面へのリンク要らないです。

クリックし慣れてるもんだから、無意識にクリックしちゃって、入力中の文字がフラッシュしてしまうのがマジウザーですわ(w

いや、笑い事では無いんですよ。一応テキストボックスを保護するアドオンを入れてますけど、完全に保護出来る訳じゃないですからね。

てことで、もう「旧投稿画面で記事を書く」ってリンクは邪魔っていうか存在してほしくないので消すことにしました。幸いライブドアさんが、きちんとクラス定義してくれているのでStylishで容易に消すことが出来ました。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);
@-moz-document url-prefix("http://livedoor.blogcms.jp/blog/sasapurin/article/edit") {
#punymce p{margin: 0 0 20px !important;}
.articleEditOldLink{display:none !important;}
}

これで現行投稿画面で過ごすしかなくなりました。

記事の編集  livedoor Blog

幅が広すぎるのがイメージ的にまだ慣れないですが、慣れるしか無いのでこれで行こうと思います。廃止されるものをいつまでも使ってるのは非合理的ですからね。新しい環境に慣れる方向で行きたいと思います。



sasapurin at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

しつこいけど現行投稿画面のカスタマイズ(成功?)

現行の投稿画面にP要素で段落間のマージンを設定したい要件で、お手上げだと感じてライブドアのサポートにフォームから問い合わせた。もうお手上げだしっ!

しかしなかなかスッキリしない。返答が返ってくるのに時間がかかるだろうし、無視されるかも知れない。そうなると悔しいので頭の中から追い出す為には自力で解決させるしかない。我ながら困ったもんだと思う。

ここはFirebugでもう一度解析だ。投稿文字入力フィールドの部分はiframeになっているのは先の投稿で気づいていたけれど、よく確認するとiframeにもidが「editor_1_f」という名前で定義されている。

punymce

これ、もしかしたらiframeの方を指定してp要素のmargin指定したら上手く出来るかも知れないなと思った次第。これ位の事を試すのは大した作業じゃないのでやってみたが、ちょっと横着してみた。CSSの定義だからどっちかが適用されれば良いだろうから列記してみた。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);
@-moz-document url-prefix("http://livedoor.blogcms.jp/blog/sasapurin/article/edit") {
#punymce p{margin: 0 0 20px !important;}
.editor_1_f p{margin: 0 0 20px !important;}
}

こんな感じでStylishに定義してみた。予想だと後者の.editor_1_fのpが適用されると踏んでいた。ところが・・・

punymce2

適用されているのは前者の方だった。

続きを読む

sasapurin at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やっぱり現行投稿画面は不便

先ほど、ライブドアブログの旧投稿画面が廃止になるという件で、新投稿画面の見た目(段落)がわかりづらい旨不満を記したが、文句言うだけでは能がないのでちょっと工夫を試みた。

結果的には、上手くいかなかった。

投稿画面の修正となるとライブドアブログを使用している全ユーザーへの影響がある。そこで自分だけが納得出来れば良いので、FirefoxにStylishというアドオンを入れて、下記の様にしてみた。お試しボタンをクリックすると定義した通り段落間に空白が表示されて非常に見やすくなる。一瞬成功だと思った。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);
@-moz-document url-prefix("http://livedoor.blogcms.jp/blog/sasapurin/article/edit") {
#punymce p{margin: 0 0 20px !important;}
}

しかし、実際にStylishの定義を保存してページを読み込んでみると、途中までは問題なく段落と段落の間に空白(margin)が表示されるのだが、ページの読み込みが終わると、ガクンと動いて段落間の空白が消されてしまう。

Firebugで調べてみると「http://livedoor.blogcms.jp/css/cms2/blog/common/puny_mce_inner.css?1234567890123」てな感じのスタイルシートが適用されていて、この定義でPに対するmarginが0に設定されている。コイツが原因だ。このスタイルをFirebugで禁止マークにすると定義した通り段落間に空白行が再現出来る。つまりStylishによるCSS書き換え処理は一応行われていると見て良いだろう。

続きを読む

sasapurin at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック