Windows

2013年06月11日

最近のプログラミング環境は凄くイメージしやすい

このブログ内でも何度かプログラミング挫折経験を記して来た記憶があるが、実はここ数ヶ月前から私はちょっとずつプログラミングに対する挫折を克服することが出来るようになった。いくつか自分の為のWindowsアプリも作って使っている。こうしてブログを記す時の為の補助ツールも作った。

私が越えられなかった壁をなんとか超えた決定的な理由はMicrosoft社のVisual Studioという統合開発環境の存在である。MSの小規模事業主支援制度(BizSpark)のお陰で、昨年から私レベルのビギナーでもVisual StudioのPro版を無償で使えることになったからだ。

VSには定番のC++やVB等もあるが、私が選んだ言語はC#である。なぜC#にしたかという理由は簡単で、私にとっては読みやすかったからだ。ハッキリ言ってVBの構文は覚えにくかった。C++の構文は呪文の様に思えたし、過去にC++で挫折しているので触れたくないと思った。だからパッと見でイメージ的に一番しっくりきたC#を選んだ。結果的にC#はMSが力を入れている言語らしいので、一番優位にあるのではないかと思っている。

さて、プログラミング超苦手の私がそこそこ克服出来るようになったのは、VSという統合開発環境(IDE)が、GUIの部分をビジュアルに容易にデザイン出来る点にある。もちろん最近ではこういうIDEは結構存在していると思うが、MSのVS環境は歴史も長く、他のものよりも一歩先を行ってる気がする。

VSを使えば、Windows系のアプリをいじってきた人なら、プログラムの見た目をほぼ違和感無く作れてしまうだろう。後に分かるのだがGUIを持つプログラム(アプリケーション)のデザインはプログラミングの半分以上を占める面倒くさい作業である。その面倒くさい作業をVSのフォームデザイナなら、なんとなくで作れてしまう点が優位点だと思う。半分以上を占める面倒くさい作業が大した苦労も無く作れるから、実際のプログラミングは半分程度の労力で済んでしまうからだ。

続きを読む

sasapurin at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年08月28日

もはやWindows要らないんじゃないか?

元Macユーザーな私が、仕事の関係でWindowsを覚える為に買い換えて、ネットワークスキル、Windowsサーバーのスキルを身に着けて、その後独学でUNIX系のスキルを数年かけて見に着けて現在に至るわけですが、もはや社内アプリの多くもWebブラウザに依存しているものが大半だし、どうしてもWindowsアプリを動かさなくてはならない場合はWine上で動かすなんて事もできる可能性が有るわけで(Windowsのライセンスは持ってないとね)、どんどん肥大化していくWindows環境にこだわる理由もほとんどなくなってきたなと思う次第です。

職場への出勤を数日開けるとWindows Updateが適用されて再起動を促されたりして、朝、仕事始めるのにどれだけ待たすねん!と言いたくなることもしばしば。作業中にちょっとコーヒーを入れに行って立ち話していたら、勝手に再起動されてたこともありますね。

そんな我家では、かみさんの環境は完全にLinuxに移行しちゃいました。やりたい事と言ったら、Webブラウザで検索して調べたり、YouTubeで動画を見たり、音楽を聞いてみたり、ブログを更新してみたりと言う感じで、WindowsというOSでなくてはならない理由が無いからです。XPもやたら肥大化して激重くなりましたから、Ubuntu(ちと重い)とか、Debian(普通)とか、VineLinux(普通)とか、PuppyLinux(軽い)とか使えばちょっと古いPCでも快適に使えます。少なくともXPで使い続けてきた環境に比べると快適だとかみさんは言ってます。

一方私の場合は色々なアプリを使用するので、完全にWindowsを棄てることは出来ませんが、多くのアプリは代替品で事足ります。Office関係は先日乗り換えたLibreOffice(OpenOfficeの後継と定義しときます)でほとんど事足ります。画像編集とかはこったことをしなければLinuxディストリビューションにパッケージされてるもので十分ですし、Google Picasaがあれば普通の使い方には十分です。

MS-AccessやFilemaker Proが使えなくなるとちょっと不便かな。そういうのはWindows環境を残しておいてそれでやるしかないですね。(プログラミングが出来るようになれば、Webアプリにしてしまえば要らなくなるのにね・・)

てことで、先日、うちのおかんからPC買い替えの相談を受けた際にヒアリングした内容も、かみさんと似たり寄ったりでしたからWindowsパソコンである必要は無かったのです。でも田舎には弟しかいま居ないので弟が分かるOSにしておくメリットはあるのでWindows7なPCを選定してやりましたが、もしChrome OSが出ていたらそれで十分だったでしょうね。

さすがにMicrosoft社も現状に危機感を感じていると思います。私も今使っているWindows XP環境をLinux環境に変更しようと考えています。(Core i7-870 MEM=4GBですがXPの肥大化のせいでさほど速くありません・・)もうスパゲッティ&パッチ貼りまくりのメタボなOSは時代遅れですよね。シンプルなのが一番。

ベースのOSに自分の必要なアプリだけを追加していくのが理想的です。そういう環境が作れるのがLinux/BSDのメリットだと思っています。そしてそういう時期が来たと思いますし、これから主流になっていくと思います。

どうやら、この流れは変えられない様で、スマートフォンがてんこ盛りごった煮状態になって来てますね。まさにガラケーが進化しただけのスマート(シンプル)さにかけるスマート(高機能)ホン。そんなスマホなんかイラネ



sasapurin at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年02月08日

PostgreSQLにアクセスする為にODBCドライバをインストール

PostgreSQLのデータベースに、FileMakerでアタッチしたいので、PostgreSQLのODBCドライバをインストールすることにした。検索したら古い日本語版が見つかったが、なんでこんなに古い?

オフィシャルサイトに行って確認したら、ちゃんと最新版も過去のバージョンのODBCドライバもあるではないか。Windows版はmsi形式のインストーラ版なのでセットアップも楽々。

明日以降時間を作ってFileMakerからODBC経由でDBにアタッチしてみようっと。これが出来るようになるとかなり快適になるっていうか、プログラミング出来なくてもそこそこDBのデータをいじれるようになるから嬉しい仕組みだ。

SQLはマジにノンプログラマー泣かせな仕組みだからな~(苦笑



sasapurin at 23:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年08月19日

WindowsXPを以前の状態に戻す方法

知人から、家族が使っている遊び専用のWindowsXPのパソコンを使った際、セキュリティ的に危険なので「××の更新をして下さい」みたいなメッセージを見て焦って更新かけたところ、その後でメチャクチャ遅くなってIEを起動するのにすら数分かかる状態となり、家族から大ブーイングを受けてしまったと相談を受けた。

確かにWindows Updateは最低限やっておかなくてはならないが、現実問題Windowsのセキュリティパッチは、体感出来る部分では「肥大化=処理遅くなる」だけな訳で、家族にしてみれば自分のPCを持っている知人が勝手にいじったおかげでYouTubeが見られなくなったと、ブーイングを受けたのは分からないでも無い気がする。家族の主張は自分のパソコン持ってるんやから勝手にいじらんといいて!とね。

さて、どうしたらいいだろうか?色々な方法があるが、WindowsはMeから過去の状態に戻せる「システムの復元」機能が実装された。実際に活用している例は見たことがないし私自身も使ったことが無かったりする。なぜならトラブルを起こした時は大抵Windowsが起動しなくなるからシステムの復元レベルでは済まないからだ。

幸い今回はWindowsがメチャクチャ遅くなったという事で、上手く過去の状態に戻すことができれば知人の立場も取り返せるかも知れないのでちょっとその部分に触れておいてみよう。おそらくサービスパックを適用してSP2からSP3にしてしまったのではないかと推測する。

続きを読む

sasapurin at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月24日

タブレットペイントお試し5日目「SAI」

「SAI」のお試しを始めてから5日経過したみたいだ。もちろん仕事があるから毎日は使ってない。先日トレースで描いてみたレッドウィングのブーツはかなり雑だったので、今度はもうちょっと線を意識してみようと便利な機能は無いのかキーボードを適当にいじっていたら、キャンバスを回転させられることが判明。こりゃ便利じゃないか!

マウスのホイールで拡大縮小出来るし、スペースキー押下状態で手アイコンに変わるのでキャンバスを掴んで動かせるし。初日に比べると線を綺麗に引いてみようと意識してみた。キャンバスの解像度を高めに設定し、トレースする画像を大きめにしてちょっとペン先を太くしてみると、ペンの筆圧による線太さの違いに気づく。なるほど有る程度の解像度で描かないと上達は遠いな。SAIが軽いアプリだと言えどもグラフィックソフトゆえそれなりのメモリーは必要そうだ。

キャンバスを回転させながら、線を引きやすい角度に回転させて真っ直ぐ線をシャッと引いてみたり、カーブする線を引いてみたり。初日に描いたものよりは輪郭線がしっかりした気がする。もっとも初日は色を間違えて焦げ茶でトレースしたもんだからあんまり目立たないんだけど。

sai-1

「SAI」とWACOMの「FAVO」で練習中。この赤い靴は私が昔愛用していた自動車用のSparco製レーシングシューズで思い入れがある。

続きを読む

sasapurin at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック