ウォレット

2011年06月15日

革製品は内側をチェック!

Filaロゴ入りの財布が非常に使いやすくて10年以上連れ添ったが、流石にへたれてみすぼらしくてどうしようも無くなったので、かみさんのお下がりのルイ・ヴィトンのエピというシリーズの長財布を先月から使っている。

しかし、これもどうやらマズい感じだ。ルイ・ヴィトンと言えども素材の劣化はどうしようもないだろう。天然皮革の部分はまだまだ感心する程しっかりしていて、エピ特有の加工も綺麗なものだ。問題はカード収納の裏側にある、お札、もしくはレシートなどを入れる収納部分。

ここの内側の合成皮革(布にビニールを貼り付けている素材)が、ベタベタしてきて、財布は汚れるし、中に入れたカードやレシートにも付着して汚らしい。これでルイ・ヴィトンか?という感じなのだが、かみさんいわく、長い年数使ってなかったから・・・

おそらく、作ったメーカーも、これだけ長い期間使われる(眠らされる)ことは想定していなかったのだろう。しかし革製品をこよなく愛する私としては、お粗末としか言いようがない。なぜ豚革等の丈夫な皮を内張りにしなかったのか?(ブーツ等では当然の構造であり素材だ)ならば十年以上は使えるはずだ。

ちなみに私のFilaの財布は15年以上使ったが、ベタベタになることは無かった。ところどころ剥がれたけどね。

しかしこの手の話は、ヴィトンの財布だけの話ではない。バッグでもよく耳にする話である。うん十万円もする高級バッグだけど久しぶりに使おうとしたら内側がべたべたしていた・・なんて話も聞く。

私自身は、オフロード用のパンツ(ナイロン素材)の内側がベタベタして、皮が剥けるようにベローんとなってベタベタを我慢して剥がしたなんてこともある。なぜナイロン素材の内側にコーティングするのか?防水加工なのかも知れないが面倒な話である。

こういう変質のことを、一般的には加水分解と呼んでいるらしいが、適切な言葉かどうかは分からない。とにかく科学合成物質は時間が経過すると、化学反応によって質が変わってしまう。

結論としては、革製品は、オール天然皮革、もしくはコットンなどの天然素材を使った布張りであることが重要だ。ただしコットンの場合は虫に喰われる場合があるらしいので虫食い穴には要注意だ。まぁベタベタになるよりはずっとマシだが。

革製品はオール革。内張りも革。長く使いたいならこれが大切なポイントである。くれぐれもビニール素材とかは長く使おうと思わないこと。消耗品と割り切ることが重要。ずっと長く使うつもりなら、隅々までチェックして素材を確認すべきである。



sasapurin at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年07月01日

多分15年ぶり位に財布を替える

ずーっと愛用し続けてきたFILAの財布、収納力が高く使いやすくて気に入っていて、でも完全にくたびれて来たので何年も前から代替品を探して来たけど良いものが見つからない。でも流石にもう限界だ。

201007011613

この財布には「ごくろうさま」と心から礼をいいたい。

だれかコレを分解して同じ構造の財布作ってくれないかな。そしたら多少高くても買うよ。もう15年以上使い続けているからそれくらいの愛着というか慣れというかあるのだ。ロゴとか細かいところは要らないから。機能性第一で。

てな訳で現実的な話、半ば強引に更新しちゃえって感じで、ネットで財布を調達した。選択基準は収納力。メンバーズカードの類がとにかく多くて邪魔なんですね。かといって普段カバンを持たない私には財布以外の荷物を持つのはかなりの苦痛。可能な限り収納力が高いというのが選択基準。革質とかももちろんこだわりたかったけどそれどころじゃない。内装がボロボロ剥がれてきて不潔になったからね。

201007011611

着払い、代引きで送られてきた。代引き手数料は考慮してなかったから予算オーバーだったけど、まぁ失敗したなと反省。

早速カード類を収納してみたがパッツンパッツンだ。

201007011614

全然入りきらない・・・念のためコメントしておくが、これら全てFILAの財布には収まっていた。革が伸びていたっていうのもあるんだろうけどさ。入りきらない分は別途管理するしかないな。財布もパカーンと開いたままだし・・どないすんねん。

201007011615

ほんまどないすんねんって感じ。Gパンのおしりのポケットに入るかな・・・やっぱ徐々に革が伸びてくるのを待つしかないのか。メンバーズカード類を少なくするのが現実的かなぁ・・・

そういえばFILAの財布は、小銭入れ部分がオープンウォレットになっていて非常に扱いやすかったのも忘れちゃいけない。今回の財布は小銭出し入れしにくそうだ・・・(涙

私は今の仕事(物販系)をしていて本当に痛感したというか学習したことがある。気に入ったものは手に入るウチにスペアを確保しておくことが重要だと言うことだ。ものを製造している人が居るということは、逆にそれを製造する人がいなくなったり、製造するのを止めたりするともう二度と手に入らないからだ。

私のお気に入りだったFILAの財布は記憶では3000円そこそこの安い財布だったと思う。少し経って使いやすいなって思った。そしたらそこでもう一つ確保しておくべきだったのだ。何年も経ってくたびれてきてから、当時業界で働いていたかみさんに探してもらったが、もちろん製造してないしどこにも在庫していなかった。

ちなみに下の財布、これはデザイン的にちょっと気になる。妙に凝った部分があるから実物を見てみないとなんとも言えないが・・(安くはないし)


ドイツNEWマノ社 オープンウォレットドイツNEWマノ社 オープンウォレット
販売元:NEWマノ社
クチコミを見る


sasapurin at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック