コジマ

2010年09月16日

東芝のヘルスメータ修理上がり

夕方、コジマに行ってヘルスメータを引き取ってきた。コジマの店員慣れてないみたいでちょっと待たされたけど対応は問題なし。

「代品と交換」って電話で聞いていたので、ひょっとすると一式交換かなと言う備えもして、スクーターで持ち帰れる様に大きめの手提げ袋とフック(スクーターのメーター下に引っかけられる様に細工してある)を持って行ったが、本体のみそっくり交換ということだったみたい。本体と、一緒に渡しておいた付属品がプチプチにグルグル巻きされた状態で戻ってきた。メットインで十分対応出来た。まぁ備えあれば憂いなし。

帰宅して確認したらおいおい・・電池無くなってんじゃないかよ。新品と交換して修理依頼に持って行ったんだぜ・・・勘弁して欲しいよ。単四電池は常備してないっつうの。また買いに行かなくてはならないではないか。(自分もハードウェアの保守やってたけど、普通テストはテスト用の電池でやるだろうに・・・)

しかも、本体側全とっかえの癖に保証期間が3ヶ月だって。ヘルスメーターって結構シビアな計測器だと思うが、そうそう簡単に壊れるもんなのか?(って既にTOSHIBAのヘルスメータは信頼性を無くしてるんだけど)

ま、今日からまた毎日身体データの記録再開予定。ただ、データが二週間分欠落してるから、モチベーションは下がってる。そういうところ結構こだわるんよね。そりゃたまに忘れることもあるし完全主義者じゃないけどさ。ボチボチやっていこうっと。

続きを読む

sasapurin at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月15日

やっぱりコジマの接客は良いと思う

先日、故障したヘルスメーターを最寄りの家電屋「コジマ」に持って行き修理依頼してから早くも2週間弱。修理依頼した二日後に電話がかかってきて、今回はメーカー保証で代品交換されると知らされていたのだがあれから結構日数かかってたんだな。代品交換だっていうのに代品を送ってくるという対応が遅かったのはTOSHIBAだからね。

今日の夕方、コジマから電話がかかってきて、大変遅くなりましたがメーカーが代品を送ってきたのでご都合の良い時に引き取りに来て下さいとのこと。「この度は大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません」って言われて思わず恐縮してしまった。正直なところこのお店で買った訳じゃないからね・・

前回の日記にも記したけど、「コジマ」って接客の社内教育というかそういうのが徹底されている印象を強く受ける。今日電話して来た人は修理受付してくれた人とも違うし、受付2日後に電話して来た人とも違う声だった。だから個人差って言う線も違うっぽい。多分きちんとした接客が出来ている。

最近思うのだが、わざわざ電車代払って、時間かけて出かけてまで買い物するよりは、ネットで確実に販売しているものを買う方が安いし時間の効率も良いのでついついそうしがちだが、アフターケアを考えるとこういうちゃんとした店を支持しておかないと、長い目で見ると結局自分が不便になるという事を感じている。

意外にも、その「コジマ」は取り扱い商品数が多くて結構便利そうなので、バイクで10分少々の所ならちょっと時間かけて買いに行って、ささやかでも支持していくことが重要かなと考えを改め中。ネットショップにばかり頼ってはあかんなぁと。

明日、ヘルスメーターを引き取りに行きたいな。もうずっとデータ取ってないから引き取ってくるには早いほうがいいに決まっている。



sasapurin at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック