スマートフォン

2012年06月01日

スマートフォン用モバイル・バッテリーチャージャーゲット

Panasonicのモバイルバッテリーを、パナセンスから購入した。昨日届いたばかりだ。

コンパクトなので十分と考えたので、QE-QL101を2800円(送料無料)で購入した。ただ、発売前に申し込んでおいたが、納期はAmazon.co.jpよりも数日遅かった。

んでもって今、Amazonを確認してショック・・

amazonはもっと安く2,500円少々で販売してるじゃん。当然送料無料。Amazonで買っておけば良かった・・

納期は遅いし金額は高いし、パナセンスで購入するメリット本当に無いじゃん。次からパナセンスで買うの辞めようっと。

201206012743-001さて、モバイルバッテリーとしての使い勝手は、1回フルチャージ可能という容量とコンパクトさは良いと思う。ただ、LED照明にもなります的な説明だったが、発光ユニットをUSBポートに接続して使用する(つまり普段から携行しておかなくてはならない)仕様なのは唖然とした。いちいち持って歩けるか!完全な仕様ミスだと思うね。設計者のセンスが無い。

USBからの充電ケーブルは付いているのでそれでUSB給電から充電する。そしてそのケーブルをひっくり返してスマートフォンを充電出来る。この部分は評価できる。モバイルチャージャーとして使う分には悪くない。ただ、やっぱり購入金額的に失敗したと思う。

Amazon等の安いところで買うのを推奨します。



sasapurin at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年03月20日

スマートフォンはバッテリーが持たない・・

仕事が変わって以来、PCのおもりをする時間がほとんど無いので、出先から空き時間にスマートフォンを使って情報収集したり、メールチェックしたり、SNSにPOSTしたりと、スマートフォン(LG Optimus Chat L-04C)が活躍しています。

ところが、Wi-Fi環境ならそれほど問題にならないのですが、FOMA網を使うと、あっと言う間にバッテリーが減っていき残量が無くなります。一日外出していると夕方までに確実にバッテリー残量ゼロになってしまいます。

そこで考えたのが、スペアバッテリーを持っておくこと。入れ替えの手間はありますが、フル充電しておいたスペアを確保しておけば一日は持つでしょう。セコセコと節電の為に余計な気を使わなくても済みます。その方が断然精神衛生上好ましいかなと。

お得な2個セットも売ってるみたいです。私はとりあえず1個で良いかな。ちょっと運用してみて足りなかったら買い足そうと思います。

それよりも重要なのは、スペアバッテリーの充電器ですね。ユニバーサルタイプの充電器が各種売られている様ですが、一応Optimus対応と明記されている機種を見つけました。これをセットで購入している人がAmazonでは結構いるみたいですから大丈夫っぽいです。



もう一つの方法は、別ブログの方に記したモバイルチャージャーを携行する事です。USBタイプの充電アダプタを組み合わせれば、携帯電話各種にも対応できます。どっちにしようかなぁ。
正直に書くブログ : スマートフォン用モバイル・バッテリーチャージャー



sasapurin at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年12月08日

Android:Androidマーケットの決済について

Androidデバイス(LG Optimus Chat L-04C)を使い始めてもう一ヶ月以上経過しましたが、やっぱり不便なのは文字入力です。文字入力に関してはいわゆるガラケーの方が断然便利。ハードウェアキーの方が確実に文字を入力出来る。タッチパネルは反応しなかったり反応しすぎて連打になったりイライラつのる。

そこでATOK for Androidの出番となる訳で、しばらくお試し版を使っていたのだが、これがかなり快適で、標準の文字入力に比べると格段に効率がアップする。予測変換も賢い。これで1500円なら安い買い物だろう。とっとと買ったほうが良い。

ところが・・・・

AndroidマーケットはGoogle傘下の子会社が決済を取りまとめており、カード情報とか全部必要な訳。Androidデバイスを使っている時点でかなりの情報がGoogleに筒抜けな訳で、クレジットカード情報はなんとか渡したくなかった。Paypalとの提携がずっと前から噂されているので、出来ればPaypalを通して支払いしたかった。ワンクッション置く訳です。

んでずっとATOKのお試し版で我慢してた。(再インストールするとまた使える・・学習したのがリセットされるけどね)

ところがもう我慢限界。学習して使い慣れてきたころにお試し期限切れ。お試し版再インストールでリセットの繰り返し。もう嫌気がさしてきた。こういうのはとっとと買って長く使った方が投資に見合うフィードバックが得られるから早く使い始めない方が損。損得勘定だとそういう答えが出る。

仕方なく軍門に下る事にした。

ところがまた不満が出てきたね

  1. PCで決済情報の登録をしようとしたら中途半端なところでエラーが出てロックされ先に進めない。
  2. Androidデバイスで決済情報をやり直したら正常に行えた。
  3. カード決済にJCBカードが使用できない。
    (やむなく凍結させていたVISAカードを使った)
  4. 一度クレジットカードとアカウントを連結させると、それこそ際限なくアプリの購入ができてしまう。(理性の弱い人はカード支払い地獄が待っている・・てか使わせられない)
  5. 上記の問題もあり、Edyみたいな電子マネー即時支払に対応させるべき。(有限の金額範囲内でしか購入できない仕組みが必要)

とまぁ、こんなんで大丈夫なのか?という不安も当然出てくるし、いやらしくビジネスな思惑が見えて来る。自己管理能力の弱い子供とか、大人でも自制心の弱い人にはこんなもの渡せないよね。

さて幸いと言うか、凍結していたVISAカードを引っ張り出したので、このVISAカードは、おそらくAndoidマーケットでしか使わないことになった。そうそう頻繁にアプリを購入することも無いだろうから、万一このカードでトラブルがあったら、Androidマーケットしか疑う余地はない。

いずれにしてもこれで、ようやく正式なATOKがインストールされた訳で、どんどん鍛えあげていけば入力の不便さがどんどん改善されてくるハズである。

こんな結果になるならとっとと購入しておけば良かった。



sasapurin at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年08月28日

もはやWindows要らないんじゃないか?

元Macユーザーな私が、仕事の関係でWindowsを覚える為に買い換えて、ネットワークスキル、Windowsサーバーのスキルを身に着けて、その後独学でUNIX系のスキルを数年かけて見に着けて現在に至るわけですが、もはや社内アプリの多くもWebブラウザに依存しているものが大半だし、どうしてもWindowsアプリを動かさなくてはならない場合はWine上で動かすなんて事もできる可能性が有るわけで(Windowsのライセンスは持ってないとね)、どんどん肥大化していくWindows環境にこだわる理由もほとんどなくなってきたなと思う次第です。

職場への出勤を数日開けるとWindows Updateが適用されて再起動を促されたりして、朝、仕事始めるのにどれだけ待たすねん!と言いたくなることもしばしば。作業中にちょっとコーヒーを入れに行って立ち話していたら、勝手に再起動されてたこともありますね。

そんな我家では、かみさんの環境は完全にLinuxに移行しちゃいました。やりたい事と言ったら、Webブラウザで検索して調べたり、YouTubeで動画を見たり、音楽を聞いてみたり、ブログを更新してみたりと言う感じで、WindowsというOSでなくてはならない理由が無いからです。XPもやたら肥大化して激重くなりましたから、Ubuntu(ちと重い)とか、Debian(普通)とか、VineLinux(普通)とか、PuppyLinux(軽い)とか使えばちょっと古いPCでも快適に使えます。少なくともXPで使い続けてきた環境に比べると快適だとかみさんは言ってます。

一方私の場合は色々なアプリを使用するので、完全にWindowsを棄てることは出来ませんが、多くのアプリは代替品で事足ります。Office関係は先日乗り換えたLibreOffice(OpenOfficeの後継と定義しときます)でほとんど事足ります。画像編集とかはこったことをしなければLinuxディストリビューションにパッケージされてるもので十分ですし、Google Picasaがあれば普通の使い方には十分です。

MS-AccessやFilemaker Proが使えなくなるとちょっと不便かな。そういうのはWindows環境を残しておいてそれでやるしかないですね。(プログラミングが出来るようになれば、Webアプリにしてしまえば要らなくなるのにね・・)

てことで、先日、うちのおかんからPC買い替えの相談を受けた際にヒアリングした内容も、かみさんと似たり寄ったりでしたからWindowsパソコンである必要は無かったのです。でも田舎には弟しかいま居ないので弟が分かるOSにしておくメリットはあるのでWindows7なPCを選定してやりましたが、もしChrome OSが出ていたらそれで十分だったでしょうね。

さすがにMicrosoft社も現状に危機感を感じていると思います。私も今使っているWindows XP環境をLinux環境に変更しようと考えています。(Core i7-870 MEM=4GBですがXPの肥大化のせいでさほど速くありません・・)もうスパゲッティ&パッチ貼りまくりのメタボなOSは時代遅れですよね。シンプルなのが一番。

ベースのOSに自分の必要なアプリだけを追加していくのが理想的です。そういう環境が作れるのがLinux/BSDのメリットだと思っています。そしてそういう時期が来たと思いますし、これから主流になっていくと思います。

どうやら、この流れは変えられない様で、スマートフォンがてんこ盛りごった煮状態になって来てますね。まさにガラケーが進化しただけのスマート(シンプル)さにかけるスマート(高機能)ホン。そんなスマホなんかイラネ



sasapurin at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック