プログラミング

2013年06月11日

最近のプログラミング環境は凄くイメージしやすい

このブログ内でも何度かプログラミング挫折経験を記して来た記憶があるが、実はここ数ヶ月前から私はちょっとずつプログラミングに対する挫折を克服することが出来るようになった。いくつか自分の為のWindowsアプリも作って使っている。こうしてブログを記す時の為の補助ツールも作った。

私が越えられなかった壁をなんとか超えた決定的な理由はMicrosoft社のVisual Studioという統合開発環境の存在である。MSの小規模事業主支援制度(BizSpark)のお陰で、昨年から私レベルのビギナーでもVisual StudioのPro版を無償で使えることになったからだ。

VSには定番のC++やVB等もあるが、私が選んだ言語はC#である。なぜC#にしたかという理由は簡単で、私にとっては読みやすかったからだ。ハッキリ言ってVBの構文は覚えにくかった。C++の構文は呪文の様に思えたし、過去にC++で挫折しているので触れたくないと思った。だからパッと見でイメージ的に一番しっくりきたC#を選んだ。結果的にC#はMSが力を入れている言語らしいので、一番優位にあるのではないかと思っている。

さて、プログラミング超苦手の私がそこそこ克服出来るようになったのは、VSという統合開発環境(IDE)が、GUIの部分をビジュアルに容易にデザイン出来る点にある。もちろん最近ではこういうIDEは結構存在していると思うが、MSのVS環境は歴史も長く、他のものよりも一歩先を行ってる気がする。

VSを使えば、Windows系のアプリをいじってきた人なら、プログラムの見た目をほぼ違和感無く作れてしまうだろう。後に分かるのだがGUIを持つプログラム(アプリケーション)のデザインはプログラミングの半分以上を占める面倒くさい作業である。その面倒くさい作業をVSのフォームデザイナなら、なんとなくで作れてしまう点が優位点だと思う。半分以上を占める面倒くさい作業が大した苦労も無く作れるから、実際のプログラミングは半分程度の労力で済んでしまうからだ。

続きを読む

sasapurin at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月28日

C言語プログラミングレッスンの付録が目当て

日経ソフトウェアを超久しぶりに購入した。目当ては付録CD-ROMに収録されている「MISSION C特別編集版」である。このMISSION CというC言語レッスンは、2003年9月に発刊されたCD-ROM書籍らしいが、Amazonでプレミアが付いて中古が結構な価格になっている。

CD-ROMで簡単マスター C言語の初歩 Mission C [CD-ROM付き]CD-ROMで簡単マスター C言語の初歩 Mission C [CD-ROM付き]
著者:パラダイス・ロスト
日経BP社(2003-09)
販売元:Amazon.co.jp

そのレッスンが10年ぶりに、日経ソフトウェア2013年6月号に付録として帰ってくるらしいのだ。特別編集版ってのが多少気にはなるが、旧いコンテンツなので多少デザインを変更した程度ではないかなと思っている。(まだ届いてないので詳しくはレビュー出来ない)

ただ、MISSION Cは公式サイトから体験版をダウンロード出来るのでお試しは可能である。私はこの萌え系のアニメ絵はあんまり好きでは無いので試してみた。絵出てこないし・・声は声優さんらしいな。ツンデレ系の女子キャラが先輩面をしたセリフを吐くのがやや癇に障るがまぁ仕方ない。聴けないレベルでは無いのでレッスンCD-ROMが欲しくなった次第である。

続きを読む

sasapurin at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年04月01日

オヤジの為のプログラミング入門・・みたいな本が欲しいね

久しぶりのライブドアブログである。普段は滅多にクリックしない、「アクセス解析」を何の気ナシにクリックしてみたところ、被リンクのランキングが出てきた。

なぜプログラミングが出来ないのか・・分かった

これまたこの当時に何の気ナシにしたためた記録だったのだが、どうやらTwitterで誰かがつぶやいてくれたらしく、それで被リンクが多くなっている様だ。ただその内容までは調べていない。多分良いことは書かれていないだろうし、調べるのも面倒なのでそこまでは調べない。(読んでも落ち込むだけだ・・・知らぬが仏と言うではないか)

さて本題。今一度この課題について思い返してみたところ(すっかり忘れていた)、私はこういう本が有れば、プログラミングの勉強がはかどるのでは無いかと思ってメモしていた。題して「オヤジの為のプログラミング入門」みたいな。副題つけるなら「若いこは読んじゃダメ」かな(w

続きを読む

sasapurin at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月09日

なぜプログラミングが出来ないのか・・分かった

私は22~23歳の頃にDTMをやる為にMacintoshを買って、その流れで数年後PowerMacintosh(古いねー)に買い換えた時にプログラミングをやろうと、開発環境を大枚はたいて買いそろえたという経験がある。当時まだSymantecが開発環境を販売していた記憶があり、バグだらけのコンパイラとちょっとしたマニュアル(冊子)で7~8万円していたという暴利な時代だった。プログラムを作るのにその準備にお金が沢山必要だったのだ。PascalやC,C++などが主流の時代。今では開発環境に大枚はたく必要があるなんて考えられないだろうけど。

更に当時はもちろんインターネットなど無かったので情報としての書籍が頼り。当時は東京在住だったので専門書を売っている大型書店で、これまた一冊一万円以上するプログラミング本を買ったりして勉強をしていた。一体どれだけ散財したもんだろうか・・思い出したくない。

しかーし、蓋を開けてみると全くプログラミングスキルは身に付いていない。これはプログラミングセンスってやつが欠落してるんだなって自分に言い聞かせて生きてきた。それでも何かあるとプログラミングスキルが要求される。

だけど不思議なのは、Excelで関数を使ったりちょっとしたマクロを使ったりして計算シートを作ったり、データベース的な事をやるのは早くから出来た。ExcelがまだVer.5の頃から使ってきたのも有るかも知れないが、私の知る限りExcelのシートに色々な計算条件などを組み込んでシートを作成する事は、プログラミングとよく似ていると思うのだ。実際知り合いのプログラマもExcelのシートで関数使えればプログラミングの基礎は理解出来てるはずなんだと言う。

そういう奴らと酒を飲んだりした際に、「でもやっぱりプログラミング出来ないんだよなー。他人の作ったスクリプトを改造したりするのは結構出来ちゃったりするんだけどね。」って話をすると、「お前は性格的にも知識的にも絶対にプログラマに向いてる」って言われる。そして決まってこう言われる。

「難しく考えすぎだってば。プログラミングなんて製品レベルの完璧な物を作るとか難しく考えなければ簡単なんだ。」

だけど何度奮起して本を買って勉強を始めても途中でモチベーションが下がってしまい習得することが出来ない。技術うんぬんの問題じゃないのではないか?と薄々気づき始めた。

その原因というか理由が最近痛切に自覚出来た。

続きを読む

sasapurin at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック