CD

2011年05月05日

KUNIのCDを買った

久しく新品の音楽CDを買うなんて事はしてなかったのですが(中古のレアものはボチボチと買い集めてます。若い頃お金がなくて買えなかったから。)、久しぶりに新品のCDをポチッとすることにしました。

今でこそ欧米で活躍しているミュージシャンも多いですが、KUNIがアメリカへ乗り込んだ当時は、ある意味無謀だとも言われる時代で、だけど苦労しながらも大きなプロジェクトを成功させて少ないながらも作品を残してくれています。私はギター少年だった頃からずっとKUNIのファンなのでです。

そんなKUNIが、しばらくギターから遠ざかっていたというのに(元々ピアニストだったとかで音楽的な知識レベルは高い水準にある方だと聞いています)、再び運指のレッスンからやり直して、過去の作品も含めて25年の音楽活動を集めた作品だということです。ファンとしては買う価値ありですね。

Amazonに在庫ありだったので早速ポチりました。音源にムラはあるらしいですが届くのが楽しみです。興味のある方はリンク先もどうぞ。くそー、ライブ行きたかったぜ・・・悔やまれる。

KUNI : KUNI、25年間のギタリスト人生を総括アルバム『KUNI ROCK』 / BARKS ニュース

 


クチコミを見る

 

続きを読む

sasapurin at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年09月20日

音楽CDをPCに取り込みなおす

自宅のPCのHDD(ハードディスク)が壊れました。過去にもWDのHDDは何度も故障しているので、もう二度とWD製は買わないぞと心に誓ったのであります。

PCはもちろんちゃんとWindowsXPのライセンス付きなので、リカバリーディスクからインストールし直しました。Windowsって奴はインストールに手間と時間が本当にかかるなぁとこういう時に痛感します。まんま休日一日つぶれますね。(一日で終われば御の字ですわ)

主要なアプリケーションはとりあえずインストールが終わったので、あとはボチボチ必要になったらインストールして元の状態を取り戻すって感じですね。こうならない様に定期的にバックアップ(リカバリーイメージの作成)をしておくと良いのでしょうが、既にシステムパーティションだけでもDVD-Rには入り切らない容量ですし、現実的ではありませんね。USB接続で外付けHDDにイメージを保存するとか・・・そういう方法しかないかなと。

もちろんDATA領域は別パーティションにしておかないと丸々バックアップを取るなんて事してたらテラバイトでも足りないって事になりかねないので、やっぱり現実的ではないと思います。せいぜい、OSをクリーンインストールして、サービスパックを適用し、デバイスドライバを当てた状態をバックアップしておく位でしょうか。

いざと言うときのためにSP統合化済のインストールディスクもつくっておかないといけませんね。SPが合わないとCDブートからの修復なんてのも出来ませんし。


かなり話がそれましたが音楽CDを取り込む作業をやろうと思います。今回ハードディスクを大きめの物にしたので、今まではMP3化していたのですが、FLAC形式かAPE形式で取り込もうと考えています。

ご存知の方にとっては釈迦に説法ですが、知らない人の為に記しますと、FLAC形式やAPE形式は、可逆式圧縮方式なので音質の劣化が無いと言われています。反面MP3は非可逆式圧縮なので音質は劣化します。パソコンの周辺機器程度なサウンド回路から生成される音声信号が圧縮したから激しく劣化するかって言われれば、多分かなり意識しないと気づかない程度だと私は思います。意識しても違いに気づかない人も居るかもしれません。それは再生する環境(音響設備)によっても左右されるからです。良質なヘッドホンを使っていれば、案外直ぐに違いが分かるかも知れませんが。

それでも今回は可逆式圧縮方式にこだわってみようと思います。

APEにするかFLACにするか考えましたが、マイナーな方のFLACをチョイスすることにしました。どうして?それは猿が嫌いだからです(w うそです、FLACの方が普及度が低くてなんかいい感じじゃんという気持ちからです。APE詳しい奴は世の中にゴロゴロいる訳だから、マイナーなFLACに精通した方が存在価値あるんじゃないかなって発想です。私の趣味はマイナー路線を突っ走るのが結構性に合ってます(w だってどっちが優れているって言える類のものじゃないんだから。

# 猿は圧縮率が高い反面遅いらしいし互換性の問題があるとか。
# FLACは互換性も高くエンコードも速いそうです。

さてFLACに決定したので、買いためている音楽CDをごっそりと引っ張り出して来ました。部屋が狭いので普段は押入れに片付けてます。若いときに大枚はたいて買いためたCDたち。こんなの今となってはBOOKOFFに持って行っても二束三文だから涙出そうになりますね。大切にライブラリしておくのであります。(しょもないCDは買ってないから手放す気はないけど)

あ、このジャンルの話題は一歩間違えると著作権違反だとか突っ込まれるのであらかじめ断っておきますが、原盤は金払って買ったちゃんとした正規もので手元にあるものですから、CD盤からPCへ取り込むことは違反でも何でも無いはずです。私のやりたい事はCDの原盤を手の届くところに置くスペースも無く、いちいちドライブに入れるのも面倒。だからHDDになるだけ高音質でストックして直ぐに使えるようにしたいというニーズ。

ただし、それを人にCOPYしてあげたり、P2Pソフトなどでばら撒いたりすると著作権違法になり、JASRACから罰金請求されたりするのでしょうがそういう話ではありませんしそういう方法はここでは紹介しません。(可逆性圧縮だから戻せるって言う理屈はしっかり分かったけどね)

私と同様に手元にCDがたくさんあって、普段とても手元において置けないって人は、参考にしていただければと思います。PCのHDDに入っていれば気の向くままに聴きたい音楽をチョイスして聴くことが出来ます。

# 私はMacユーザー時代からアンチAppleなのでiPodも持ってません(w
続きを読む

sasapurin at 11:43|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック