SLP

2010年05月20日

メーカー製PCの多くはOSを選択しやすい件(SLP)

職場のPCとServerは今となっては9割以上がDELL製品ばかりなのだが、仕事の種類の関係及び雇用の関係上、PCを入れ替えることが結構多く、私には二次的なお仕事として、PC環境のリフレッシュ&業務アプリのインストールなどが求められる。

ま、この点については前職でイヤになるほどやってきているので効率化の要点なども押さえており、実際時短で作業をこなしているので別に問題は無いのだが、同一メーカーの製品だと便利だなという事に最近ありがたみを感じている。

その理由は、Windowsのライセンス認証(アクティベーション)を省略する仕組みSLP:「System Locked Pre-installation」を活用出来るからである(@ITの記事参照)。ぶっちゃけて言えばメーカー製のBIOS情報には、メーカー情報も埋め込まれており、その情報を元にOEM版のWindowsは同一メーカーのハードウェアとインストールメディアを比較し、一致すればライセンス認証を行わない方式をとっている。これは再インストール作業などを行っていて気づきSLPという言葉は後から知った知識であるが、PC本体に貼り付けられてあるプロダクトIDの入力を求めてこない事から不思議に思って調べてみたのがSLPの知識を得たタイミングだった。

例えば、DELLのPCにDELLのOEM版WindowsをCD/DVDからインストールすれば、CD/DVDからDELLのハードウェア情報と一致した場合にアクティベーションを省略するファイルがしかるべきディレクトリに配置される。メーカーが違うとこの方法は使えない(仕組みを調べてゴニョゴニョすれは可能らしいが・・)

職場のPCは、WindowsXP、WindowsVista、Windows7それぞれのCD/DVDが付属されており、まとめて購入しているので機種の種類も少ない。現在はWindowsXPを主に使用しているが、必要に応じてWindowsVistaやWindows7をインストールすることが出来る。

誤解を恐れずに書いてしまうと、OSナシのハードウェアが販売されていたとしてそれを購入し、DELLのOEM版CD/DVDからインストールを行うと「正規なWindows」として認識されるはずである。これがSLPの落とし穴というか抜け穴というかそういう仕組み。

続きを読む

sasapurin at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック