T105

2009年10月29日

VMWare ESXi 4.0.0凄いっ

今更ですがVMWare ESXiについて。

先日買ったPowerEdge T105に単純にCentOS5.3をインストールして使うだけでも、我が家のサーバー事情がかなり改善されるのですが、余りにも世代が違うのでリソース余りまくりって事も想定出来ます。

そこでもうちょっと効率よくというか、もっと効果的に使えないかなと仮想化に方向性を振ってみました。職場では開発環境にXenを使ったり、VMWare Workstationを使っているのですが、自宅で仮想化は要らんやろと言う既成概念を取り除いてみたところ、これがかなり効果的ではないかと思えてきたのです。

まず、自宅では、FreeBSD7系で動いているWebサーバがあります。コイツのハードウェアは処理能力的にショボイので、既に今や常識となったphpなどで動的コンテンツを生成するCMSを動かすには厳しい状況にあることです。それが今回T105を購入するに至った理由の一つです。

更に自宅にはもう一台常時稼働しているマシンがあります。Windows 2000 Server Standerdです。コイツは自宅内のDNSとMySQLを動かしています。更にDDNSの更新を行うためのDiCEというツールを使っています。FreeBSDのddclientを以前は使っていたのですが、少しでも軽い方が良いなと、Windowsの方に役目を振ったのです。

これ以外にかみさんが調べ事をしたりするためのパソコンがUbuntuで動いているし、私のテレビ録画サーバもユーティリティの関係上WindowsXPです。録画サーバまで仮想化出来たら言う事無いのですが多分それは難しいだろうと思うので、下記のように計画をざっくりと立てて見ました。

DELL T105(AMD Opteron 1356 QuadCore & 4GB-Memory)
  • Webサーバ(FreeBSD)
  • DNSサーバなど(Windows2000Server)
  • メールサーバ(Debian)
こんな感じでどうかなと
多分家庭用でT105を使う分にはハイパーバイザ上での仮想環境稼働でも余裕のリソース状況ではないかと思えます。XenやKVMがターゲットに上がります。しかしそこでVMWareが無償で提供してくれている、VMWare ESXiに着目してみました。なんとハイパーバイザ単体では35MB程度だとか。概念図を見るとこりゃXenよりもシンプルじゃないかと。

12711_zoom


通常のVMWareはホストOSが必要ですが、ESXiはそれ自体がハイパーバイザとして稼動するとのこと。だからOSが要りません。これはすごすぎるでしょ

12713_zoom

さらにこれはすごいです。可用性という一言で済ますにはよく考えられていると思います。企業などでは物理的なサーバー1台でカバーできなくなってしまうことや、そもそも現状がサーバーだらけでそれを集約したいというニーズもあると思います。一台あたりのハードウェアでまかなえるリソースを計算すれば、最新のサーバーマシン何台に集約できるかが容易に導き出せます。一昔前のハードウェアだったら、今時のハードウェア1台で5台分を賄えると計算しても1/5に集約できます。10台を2台にとか。

もちろん机上でしっかり計算しなくてはなりません。

ただ、それほどシビアにならなくてもよかったりする点がこのESXiの便利な点です。なぜならいわゆるゲストOSは仮想化されてファイルになっているので、リソースの状況によってネットワークを通じて別のサーバ上に引越しさせたりできるのです。このあたりのことはVMWare社のサイトでわかり易い動画で紹介されているので視聴することをお勧めします。言葉は英語でも基礎知識のある人なら余裕で理解できます。

続きを読む

sasapurin at 17:10|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年10月20日

DELL PowerEdge T105いいね

一週間位前からかみさんが風邪ひいてゴホゴホ言ってたのですが、とうとう私にうつってしまいました。夕べからだるいなと思っていたのですが今朝起きたら頭痛がして、しんどいし、鼻水は出るし、熱はあるし喉はイガイガするし最悪です。

こんな状態だと仕事にならないので職場に連絡して仕事休ませてもらうことにしました。ここで無理して悪化させると長引くんですよね。

さて、相変わらずかみさんも具合悪いし、私も自宅でおとなしくしていたのですが、寝てばかりいると背中が痛くなるのでちょっと起きて作業をしてみました。先日届いたT105の仕込みが途中で放置状態なので少しでも進めたいなと。

とりあえず現行の自宅のブログシステム(MovableType)を引越しさせなくてはならないので事前検証というか準備です。MTはWebサーバ、Perl、SQL環境が必要になります。Webサーバは問答無用でApacheですし、SQLは私はMySQL派です。PostgreSQLはめんどくさいので仕事で嫌々使っている感じだから、自宅では楽なMySQL(SunがOracleに買収されたのでこの先分かりませんが)を好んで使用です。

MTはPerlのモジュールをたくさん使うのでインストールがうざいですね。
もうMTは要らないかなぁって雰囲気もあるんですが、ずっと蓄積してきたブログ記事をぱぁにするのは勿体無いから使うしか有りません。仕方ないのでCPANでモジュールをチクチクインストールしました。

現行サーバーにあるMTのデータが蓄積されているMySQLでダンプしたSQLファイルを、T105のMySQLにインポートしました。PHPのファイル容量制限が2MBとなっていて読み込めなかったのでめんどくせっと思いながら、php.ini編集して再チャレンジ。アッサリ読み込めたと思いきやMTで文字化け。確かこれ一度経験した記憶あるなと、それこそ現行ブログを検索したらどう対処したか出てきました。設定ファイルにたった一行書き加えるだけで回避。

サブドメイン情報などの書き換えを行いMTで静的ページ構築実行。

めっさ速いっつ!!(汗

さすがOpteronクアッドコアじゃ!

ってK6-450MHzと比較するのが間違っているけどね。
メモリーも16倍乗ってるし(笑)

1000件近いエントリーの構築が2分かからずに終わった。
恐ろしいことだ。時代のスピードは本当に凄まじいな。
時間を金で買うという発想で発注したんだけど買ってよかったT105。続きを読む

sasapurin at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年10月09日

DELL PowerEdge T105発注ーん

とうとうPowerEdge T105をオーダーしてしまいました。送られてきた見積書のタイトルを線で消して「注文書」と書き換えて、印鑑(社印・事業用の印鑑)を押してFAXでDELLに送ります。私は屋号なしで仕事しているので、仕事用に使っているフルネームの印鑑を押しましたが問題なしでした。

しばらくすると請求書が送られてくるので内容をしっかり再確認して、問題なければ代金を支払います。私がメインバンクにしている三菱東京UFJ銀行だというので、手数料要らないじゃんラッキーと、銀行決済にしたのです。

ネットバンキングで代金を振り込み報告メールを送付。
しばらくしたら「お支払いありがとうございます。」ってメールが来た。
ここでようやくDELLの製造部門に受注情報が飛んで行き、製造開始となるのだそうです。(DELLは在庫を抱えるリスクを受注生産で避けているのです)

納期は約二週間だとかで、届くのが楽しみであります。
こうなったら一日でも早く届いて欲しいわな。続きを読む

sasapurin at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年10月08日

DELL PowerEdge T105見積もり依頼

先日、職場の方で使用するDELL PowerEdge T105を発注したばかりですが、自宅のサーバーももういい加減限界に来ているので、これがチャンスだなと個人で発注すべくDELLのチャットでコンタクトをしてみました。

いくつか質問をしたのですが丁寧に対応してくれて、電話をかけてきてくれたり応対も良かったのでかみさんの同意ももらってオーダーすべく見積もりをとりました。

私は今は体調の関係もあってフルに働くことがキツイので、パート勤務で働いているのですが、自宅でも細々と仕事しているのが実情だったりします。自宅用のT105はもちろん自宅(仕事場を兼ねている)で使用するので、個人事業主(フリーランス)として相談してみました。屋号は無いのですがそれでも問題なく法人扱いしてくれるそうで、顧客コードも発行してもらい、担当者もつけてくれました。

DELLは言うまでもなく外資系なので、出来高制というのが伺えます。担当者をつけてくれるというのも通販事業部ながら営業そのものです。期間限定のキャンペーン品ですが、スペック的にかなりコストパフォーマンスが高いのでオーダー予定です。
続きを読む

sasapurin at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック