linux

2011年08月28日

もはやWindows要らないんじゃないか?

元Macユーザーな私が、仕事の関係でWindowsを覚える為に買い換えて、ネットワークスキル、Windowsサーバーのスキルを身に着けて、その後独学でUNIX系のスキルを数年かけて見に着けて現在に至るわけですが、もはや社内アプリの多くもWebブラウザに依存しているものが大半だし、どうしてもWindowsアプリを動かさなくてはならない場合はWine上で動かすなんて事もできる可能性が有るわけで(Windowsのライセンスは持ってないとね)、どんどん肥大化していくWindows環境にこだわる理由もほとんどなくなってきたなと思う次第です。

職場への出勤を数日開けるとWindows Updateが適用されて再起動を促されたりして、朝、仕事始めるのにどれだけ待たすねん!と言いたくなることもしばしば。作業中にちょっとコーヒーを入れに行って立ち話していたら、勝手に再起動されてたこともありますね。

そんな我家では、かみさんの環境は完全にLinuxに移行しちゃいました。やりたい事と言ったら、Webブラウザで検索して調べたり、YouTubeで動画を見たり、音楽を聞いてみたり、ブログを更新してみたりと言う感じで、WindowsというOSでなくてはならない理由が無いからです。XPもやたら肥大化して激重くなりましたから、Ubuntu(ちと重い)とか、Debian(普通)とか、VineLinux(普通)とか、PuppyLinux(軽い)とか使えばちょっと古いPCでも快適に使えます。少なくともXPで使い続けてきた環境に比べると快適だとかみさんは言ってます。

一方私の場合は色々なアプリを使用するので、完全にWindowsを棄てることは出来ませんが、多くのアプリは代替品で事足ります。Office関係は先日乗り換えたLibreOffice(OpenOfficeの後継と定義しときます)でほとんど事足ります。画像編集とかはこったことをしなければLinuxディストリビューションにパッケージされてるもので十分ですし、Google Picasaがあれば普通の使い方には十分です。

MS-AccessやFilemaker Proが使えなくなるとちょっと不便かな。そういうのはWindows環境を残しておいてそれでやるしかないですね。(プログラミングが出来るようになれば、Webアプリにしてしまえば要らなくなるのにね・・)

てことで、先日、うちのおかんからPC買い替えの相談を受けた際にヒアリングした内容も、かみさんと似たり寄ったりでしたからWindowsパソコンである必要は無かったのです。でも田舎には弟しかいま居ないので弟が分かるOSにしておくメリットはあるのでWindows7なPCを選定してやりましたが、もしChrome OSが出ていたらそれで十分だったでしょうね。

さすがにMicrosoft社も現状に危機感を感じていると思います。私も今使っているWindows XP環境をLinux環境に変更しようと考えています。(Core i7-870 MEM=4GBですがXPの肥大化のせいでさほど速くありません・・)もうスパゲッティ&パッチ貼りまくりのメタボなOSは時代遅れですよね。シンプルなのが一番。

ベースのOSに自分の必要なアプリだけを追加していくのが理想的です。そういう環境が作れるのがLinux/BSDのメリットだと思っています。そしてそういう時期が来たと思いますし、これから主流になっていくと思います。

どうやら、この流れは変えられない様で、スマートフォンがてんこ盛りごった煮状態になって来てますね。まさにガラケーが進化しただけのスマート(シンプル)さにかけるスマート(高機能)ホン。そんなスマホなんかイラネ



sasapurin at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月10日

日経Linux記事PDF全集USBメモリー縮刷版が発売される予定

日経Linuxより、創刊から11年分(1999年10月号~2010年9月号)の特集記事をPDF化したものを、USBメモリーに収録したものを発売するそうだ。残念ながらWindowsパソコン(32bit)でしか見られないらしく、かつHDDへのCOPYも出来ないように細工されているとか。

なんでLinuxの雑誌のPDF記事やのに、MacはおろかLinuxでも見られんのだろうか?謎すぎるっていうかご都合主義過ぎるな。個人的には500円でも買う価値無しとみた。日経もヤキがまわったか?

ちなみに発売日は10/15からで、価格は12/15までなら24900円、それ以降は定期購読者以外は39000円だとか。定期購読者はずっと24900円で購入出来るそうなのであせる必要はない。様子見してネットで評価を調べた後に熟考してから購入するしないのご決断を推奨。

ISBN:978-4-8222-3447-8



sasapurin at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック